パンセには常に多くの職人さんたちからの

面接依頼があります。


今日も二人の職人さんを面接しました。

でも、

本当に残念です。

今回も一流の職人ではありませんでした。



職人として

お客様に喜んでいただくために

自分のすべてを出し切ること。


たったこれだけのことが

出来ない職人ばかりなのが

本当に残念です。


二流、三流の職人は雑念に気を取られ、

本当に大事なことが見えていないのです。



今、

職を探している職人の方に言いたい。

生半可な気持ちで職を探すのはやめて下さい。


真剣に、

面接する方に気迫が伝わるくらい

一生懸命な自分の姿をさらけ出して面接を受けて下さい。


そうでないと

またすぐに職を探さないといけないことになりますよ。



パンセには一流の職人しかいません。

この職人と対等に仕事できる職人を捜しています。


自信のある方、

ぜひいらしてください。